BASED IN OKAYAMA, JAPAN

本藍染 ジャパンブルー

藍染は藍を発酵させて染める古くから伝わる芸術であり、日本では1400年以上前から行われていると言われています。江戸時代では幕府により絹や色鮮やかな服が禁止され、藍染は非常に人気がありました。市井の人々は綿花を植え、当時許可されていた色であった藍で衣服を染め始めたのです。明治になり日本にやってきた海外の人々は、誰もが青い服を着ているのを見て驚き、その美しさからいつしか藍の青はジャパンブルーと呼ばれるようになりました。 現在は主にデニムの染色に使用されていますが、他の製品の染色としても活用されています。

この伝統芸術は現在衰退の過程にあります。しかしそれを現代に生かし続ける職人達は、真っ青に染まった両手で今日も藍と向き合い続けます。

すべての写真は、Getty Imagesを通じて使用許諾を得てご利用できます。写真のクリップコレクション全体はこちらからご覧いただけます。

Top

© 2020 Tdub Photo. All Rights Reserved